スポンサード リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>

ダーツケース

趣味で友達とダーツをやるのだが、ダーツケースがすごく欲しい。自分のダーツケースを持っているとかっこいいし、やる気もかなり違うだろう。

ダーツケースには色々あり、本皮のものとなると10000円はかかるだろう。それでもダーツ愛好者にとっては惜しまないお金だろうし、ダーツケースを見せ合って楽しむ人も多いと思う。

ダーツは矢先からバレル、シャフト、フライトと呼ばれる部分に分かれている。バレルはダーツの本体部分であり、投げるときに持つ部分だ。シャフトはフライトをつけるためのパーツである。フライトはダーツの羽根の部分である。安定性に大きく関与する。形状や大きさによって軌道が変わる。このダーツの各部分を分けて、ダーツケースの各ポケットにしまう。ダーツケースから取り出してダーツを組み立てるのも楽しそうだ。

ダーツケースとあわせてマイダーツも欲しいところだ。友達が阪神の絵柄が描かれたマイダーツを持っているので、自分もマイダーツで投げてみたい!

ダーツプレイヤーとして有名なウェイン・マーデル、フィル・テイラー、竹山 大輔、福永 正和、松元 大奉、星野 光正もきっとマイダーツはもちろん、かっこいいダーツケースを持っているに違いない。プロともなるとオーダーメイドで作ってもらっているんだろうか。


でも、自分のダーツの実力はまだまだ未熟なので、もっと上達してからダーツケースを購入するのを考えようと思う。そしていつか、ダーツケースからダーツを取り出し、かっこよくダーツを投げるのが様になるようにこれからもダーツをやっていきたいと思う。
| 06ea317l | 01:22 | - | - |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | 01:22 | - | - |

Entry

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode